GOHBARA AREA

郷原地区は奈良井川河岸段丘の中段にあり、桔梗ヶ原の段から一段降りた場所にあります。
その中央を旧善行寺街道が通っていて、かつての宿場町、郷原宿があります。
この段丘は太古の昔川が流れていた為、地面を掘ると丸みのある石がゴロゴロと出てきます(上画像)。
地元では石間(いしま)と呼ばれ、場所によっては川砂が出ることもあり、水はけが非常に良いのが特徴です。
桔梗ヶ原に比べ標高が低いので成熟も早く、晩生種向きであるとともに、濃縮感のあるワインができると考えます。

HOME

Copyright(C)2016 河村農園 All Rights Reserved.