HOME サイトマップ お問い合わせ 

栽培ぶどう品種


ナイヤガラNiagara

アメリカ生まれのぶどう。コンコードにキャッサデーを交配して作られました。
ぶどうはマスカットのように黄緑色で粒はデラウェアより大きく巨峰より小さいです。
フォクシー香(狐臭)と呼ばれる強い甘い香りがあります。熟期は9月中旬から下旬です。
塩尻特産のぶどうで生食の他ジュースやワインの原料にもなります。
収穫期ともなればぶどう畑はナイヤガラの甘い香りで満たされます。
本来輸送に向かない為、地元で消費されるかジュースやワインに加工されるかなので、全国的な知名度は余りありませんが、地元では「ナイヤ」と呼ばれ熱烈な人気があります。
当農園の産直通販なら収穫当日に発送しますので新鮮な味と香りをお楽しみいただけます。

ナイヤガラ

ピオーネPione

巨峰にカノンホールマスカット(マスカット・オブ・アレキサンドリアの四倍体)を交配して作られました。
ブドウは黒紫色で巨峰以上に大粒になります。ジューシーで甘く爽やかな酸味と上品な香りがあります。
熟期は9月中旬から下旬です。
巨峰に比べ着粒が不安定なので、花の時期にジベレリンを処理して着粒させ種無しにします。
種無しの巨峰とならピオーネの方が断然美味しいです。

ピオーネ

タカツマTakatsuma

ピオーネに巨峰の親であるセンテニアルを戻し交配して作られたピオーネの改良品種です。
外見はピオーネによく似て紫黒色で大粒です。一見すると両者を見分けることは出来ないほど。
ピオーネに比べ酸味が少ないですが甘くコクがあります。また香りもピオーネよりさらに洗練されて上品です。
ピオーネと甲乙つけがたい美味しいブドウです。
熟期はピオーネよりやや遅く、9月下旬から10月上旬になります。
因みにタカツマとは長野県にある戸隠の最高峰高妻山から名付けられました。長野県生まれのぶどうです。
生産量の少ない稀少なぶどうです。ピオーネとはまた違った美味しさを味わってみてください。

タカツマ

巨峰Kyoho

言わずと知れたぶどうの王様。
当園では味にこだわって種あり巨峰を栽培しています。濃厚な味わいになります。熟期は9月下旬頃です。

上記3品種の関係をわかりやすい図にしました。巨峰系ぶどうの系図

巨峰

ナガノパープルNagano Purple

長野県限定栽培品種です。巨峰とリザマートの交配による種無しぶどうです。
長らくリザマートではなくロザリオビアンコが片方の親だと信じられてきましたが、DNA鑑定の結果リザマートであることが判明しました。
種無しで皮ごと食べられると評判ですが、親であるリザマート同様、栽培が難しい品種でもあります。

ナガノパープル

デラウェアDelaware

アメリカで発見されたおなじみのぶどう。巨峰が一般的になるまでは、ぶどうといえばこのデラウェアのことでした。巨峰の栽培面積の増大によって生産量も少なくなったものの、小粒で皮離れがよく種無しなので子供にも食べやすく、甘くコクもあるので未だに根強い人気があります。
ジベレリンを処理して種無しにする早生のぶどうで、熟期は8月中旬以降になります。

デラウェア 

サニールージュSunny Rouge

洒落た名前のこのぶどうはピオーネにレッドパール(デラウェアの四倍体)を交配して作られました。
ぶどうはルビーを思わせる鮮やかな赤色で、粒も房もデラウェアの約2倍の大きさになります。
熟期はデラウェアよりやや遅く8月下旬からになります。
収穫期間が長いのも特徴で10月でも収穫できます。
酸が少なくて甘いのでクセが無く食べやすいぶどうです。デラウェア同様子供にも人気があります。

サニールージュ

シナノスマイルShinano Smile

こちらも信州産まれの巨峰系のピンク色のぶどう。
種無しで皮離れが良く食べやすく、甘くてジューシーで香りがとても豊か。
晩生種なので9月末頃が熟期です。

シナノスマイル

シャインマスカットShine Muscat

人気の新品種。黄緑色でマスカット香があり、種無しで皮ごと食べられるぶどうです。
酸味が少なく甘さが際立っています。サクサクと皮ごと食べられる食感はもはや別の果物のようです。

シャインマスカット

※以上の生食用ぶどう品種の他にワイン用ぶどう品種も栽培しております。

商品ラインナップ

オンラインショップ


HOME

Copyright(C)2017 河村農園 All Rights Reserved.